×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


不動七重の滝
落差:120m
下北山村


奈良県吉野郡下北山村にある前鬼川にかかる段瀑の滝である。総落差は120mと巨大で、日本の滝100選に選ばれている。水量は大台ケ原山の近くと言う事もあり、年間通じて豊富である。R169の池原ダムの前鬼橋と言う所から横道に入っていく。この道は落石が多く、また道が狭いので気をつけなければならない。行くまでに何個か隠れた滝もある。
しばらく車で走っていくと駐車場が一応確保はされている。その駐車場よりもうちょっと車で行けば、遠展望で滝の全体像が見れる。遠展望だと滝の大きさのわりに周りのスケールが大きいので滝が小さく見えてしまう。そこでUターンはできるので元の駐車場に戻り、そこから歩いていく。歩道が一応整備されており、そこを進んで行くと滝の間近にも展望台がある。ただしその展望台まで行くにはかなりの山道なので体力もいる。また歩きやすい靴で行かなければならない。また池原ダムではブラックバスフィッシングも楽しめる。

展望台につくとこのような風景がある。写真ではわかりにくいが物凄く豪快な滝であり、写真一枚では入りきらない。本物を体感して欲しいものである。この展望台は滝壷よりかなりの高さに位置するのだが、滝壷から舞い上がってくる水しぶきが涼しい。山登りで汗をかいているのでかなり気持ちが良いものである。

滝壷である。滝の段は全部で七段ある。上から見ると吸い込まれるような感じになる。もちろん落ちた場合は命はないであろう・・・・。気をつけねばならない。

戻る